ブログトップ

Rock n' Roll Diet

deitof.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

モテスリム

なんかここのとこ更新頻度高めですが。

スーツ新調しなきゃってタイミングにきてて、色々見てる。
しかしあれだなぁ、スーツの質って年と共にわりとどーでも良くなってくる。

仕事用だしそれなりのもんを→でも結局消耗品だし、ってなる。
でもスーツってこの「ちょうど中間」な感じのものが意外とない。
青山商事かエディフィスか、ってなっちゃう。触れ幅が、極端に。

機能的で、無難なやつ。でも作りは良くて値段もお手ごろ。そうゆうやつ。
モテスリムとかいらないので。もっとこう普通のやつ作ろうよ。服屋よ。


Wolfgang Amadeus Phoenix

Phoenix / Glassnote



フェニックス最高ー。前のよりさらに良い。
リストマニア~♪
[PR]
by nishi_y | 2009-05-24 23:25

三国志

c0052892_23113227.jpgなんだか。とめどなく。
最近自分内でキテるのである。歴史ものが。
三国志占いとか、超やりたい。

とにかく、劉備、である。はなはだしく、劉備である。
劉備に夢中だ。劉備に首ったけだ。
上司にしたい有名人ナンバーワンでは、劉備で。
劉備にチヤホヤしたい。てゆうか最終的には劉備にチヤホヤされたい。

そんな劉備への熱い思いは置いとくとしても。
他にもいろんな武将がいていろんな個性があるわけで。
むしろそこらへんがたまんないわけで。
以下、僕が考えた映画「三国志」のキャスティング。

曹操・・・ロックンロール武将。安岡力也で決まり。
呂布・・・荒くれものだけど芯は無垢。赤井英和。晩年はハーヴェイ・カイテル。
董卓・・・なんとなく坂東英二。
朱俊・・・いろんな意味で時代遅れ。スタローンもしくはエミリオ・エステベス。
孔明・・・映画通り金城武。パート2での晩年役はミスター・オクレ。そのギャップ。
張飛・・・酒豪という点で、草なぎ君(復帰作。復帰作でも酒を飲んで脱ぐ、そんな展開)。

DVD同時発売「親指三国志」。

・・・そんなくだらない事を考えているうちに根本的な問題発覚。
全12巻。読みきれるのか、俺。
呉国を統一するのと同じぐらい難しいじゃん、って。
[PR]
by nishi_y | 2009-05-23 23:13 | BOOK

カエターノ

c0052892_20364458.jpg久々の音楽ネタだ。しかもカエターノ・ヴェローゾである。
大御所である。勝手な事書くと怒られそうでドキドキする。

個人的にはニール・ヤングやポール・ウェラーに送るのと
同程度の賞賛を、いや、もしかしたらそれ以上の拍手喝采を
カエターノには送りたいと常日頃から思っている。

バンドは前作同様、カエターノとペドロ・サ、マルセロとあとは良く知らんベーシスト
の4人体制。結構鉄壁布陣です。
プロデュースはモレノ・ヴェローゾ(息子)。

隙間の美学と言うか、もうここまでくるとあれである、ワビサビの世界である。
盆栽や囲碁とかにハマる、そんな境地の音楽である。
写経、最高!みたいな感じである。

ただバックの若手2人は小山田圭吾やWilcoとも交流のある
ブラジルを代表するような若手音響クリエイター。
この二人が演奏面で現代的アプローチに徹しているせいもあり
全体的な印象としては、渋くも現代的な新流ブラジリアン・ポストロック
といった風情になる。

伝統と前衛の共存、というのはカエターノの音楽の基幹だけど、
それは例えばカニエ・ウェストがニーナ・シモンをループさせて
その上にラップを被せただけの曲があんなにも良く聞こえるのもきっと同じような原理で、
優れた音楽すべてにあてはまるものなのでは、と思う次第です。

ちなみに個人的なカエターノのお勧めは下の3枚です。
新作はファン的には大傑作だけど、初めて聞くのには向いていません。
痛い目に合うかもです。

c0052892_2037875.jpgc0052892_20372838.jpgc0052892_2038186.jpg
[PR]
by nishi_y | 2009-05-17 20:45 | MUSIC

釣果

c0052892_1041348.jpg塩原の箒川にて。

ニジマス(25センチ)が一番の大物。
あとはヤマメ(15センチ)と雑魚。

自然の中でビールを飲みながらの渓流は
それだけで気持ちのいいものなのだけど、こんなに綺麗なマスが釣れると
言う事ありません。

今回はルアーだったけど、
フライフィッシングにも興味深々なので
夏に向けて色々準備していこかと思います。
[PR]
by nishi_y | 2009-05-05 10:39