ブログトップ

Rock n' Roll Diet

deitof.exblog.jp

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ポール・ウェラーと私

ウェラー兄ィの楽しみすぎる新作
サージェントペパーズやペットサウンズが引き合いに出されるような
コンセプト作だそうで、いやがおうにも期待は高まります。

c0052892_23391571.jpgまだ学生の頃、
僕が最初に聴いた彼のソロ作品は確かこの "Wild wood" 。
当時なぜこのアルバムを手にとったのかはよく覚えていないけど、
元JAMの何とかって人がなんかやってるよ、
ぐらいの感じで聞き流していた事だけはよく覚えている。
(すんません、ほんますんません)

それはきっと、当時人気だったウェディングプレゼントやらパステルズやらといった人達による脱力感あふれるジャングリー・ギターポップに骨抜きにされていたからだと思います。

やがて年が過ぎ、たしか胸につけてたはずのパステルズ・バッヂも
いつしかどこかで落としてきてしまいました。
レコ屋で偶然耳にしたウェラーの "Heavy soul" という新作アルバムが、なんとも言えず
かっこよく思えて、そこから彼のソロ作を順に聴きなおしていったという感じです。

この "Wild wood" は今では一番好きなアルバムのひとつです。
骨太なロックをダウン・トゥ・ベーシックなサウンドで聴かせる、
といったような音作りは今聴いてもずいぶん新鮮でかっこいい。
漢なら100度は聞くべきです。
[PR]
by nishi_y | 2008-05-25 23:19 | MUSIC

マイルス

c0052892_23403573.jpgマイルス・デイヴィスについては、
「Kind of blue」 にも 「Nefertiti」 にも
あまりピンと来ずに今日まで至るわけですが、
この 「Walkin'」 だけは本当に好きなアルバムです。

「アドリブ吹いてなんぼやねん」

といったような帝王の心意気を感じます。
[PR]
by nishi_y | 2008-05-15 23:34 | MUSIC

I'm not there

c0052892_21482416.jpgとにかくものすっごくカッコイイ始まり方をするんだこれ。

バイクで疾走するディラン。
タイトルがバーン!
流れる曲は「メンフィスブルース・アゲイン」!

これにはシビレました。

配役的にはケイト・ブランシェットが凄い。
最初のチビッコもいい。
(リチャード・ギアは最低だ。説教したい。)

ロックの映画には、自己との戦い、みたいなシーンが
抽象的に描かれる事が多いけど、
ああゆうの、見てる方はむしろ睡魔との戦いだと思います。 
ミュージシャンもいろいろ大変なんだなと思います。

やっぱ音楽がいい。
ボブ・ディランの映画に向かって「音楽がいい」と言うのもなんだけど。
うん、音楽がよかった。なんと言っても。
[PR]
by nishi_y | 2008-05-06 21:48 | MOVIE

ジャズスト

高槻のジャズスト行ってきた。

c0052892_23353916.jpg楽しかったー。
町のいたるところでジャズ・ジャズ・ジャズ!
そもそも駅構内からしてこんな状態。

全会場入場無料で、運営費は物販のTシャツ収入でやりくりしてるとか。
そんな事が本当に可能かどうか知らないけど、
偉いぞ高槻市!

路上も楽しかったけど、
ここぞとばかりに文化ホールみたいなところでやってたピアノトリオなんかも鑑賞。
合間のMCが掛け合い漫才なのが大阪を感じてウケます。

当日は本当に真夏みたいに暑くて、始終水のようにビールを飲んでいるような
状態でした。日焼けしたけど相当気持ちよかった。

野外はもちろん、カフェやバーも開放されてて常に生バンドがスタンバイ。
こんな感じでやんやの盛り上がり。

c0052892_2339013.jpg


見たバンド全部名前忘れましたが、本当に熱いバンドばかりでした。

来年も行くぞー(タダやしー)
[PR]
by nishi_y | 2008-05-05 23:42 | MUSIC

本読みとしての心得

読み終えた本を、見える形で残しておく事が大切です。
という事らしいので。

c0052892_124493.jpg


いったい何がやりたい人なんだおれは
っていう。。。
[PR]
by nishi_y | 2008-05-04 01:04 | BOOK