ブログトップ

Rock n' Roll Diet

deitof.exblog.jp

<   2005年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

読書録

c0052892_23215884.jpg伊坂幸太郎 「死神の精度」

主人公は死神。しかも職業的な死神。仕事を仕事として割り切ったうえで、淡白に、非感情的に、クールに、その業務をこなす。
そしてその死神は、仕事の合間にCDショップで「ミュージック」を試聴する事を何よりも楽しみにしている。

大体こんな感じの設定です。この時点で、もう引き込まれてしまうな。

短編集の体裁をとった長編(?)というか。
各章がそれぞれ微妙に繋がっていく「チルドレン」なんかと同じパターン。

しかしこの人、ほんと上手いな。なんというか絶妙の構成美。
最初は感情描写の部分がどことなく素っ気なく感じたりもしたけど、それはある種、この人の持ち味なのかもね。それとは別のところで勝負してる感じがする。
それは純粋に、物語の力と登場人物のキャラ設定だけでグイグイと読ませられてしまうような確かな文筆力というか。

伊坂幸太郎の本を読んでると、面白い面白くない以前に、ああ分かるなぁと思う。ニュアンスが、空気が、なんとなくしっくりとくる。拠って立つバックグラウンドが同じというか。つまりそれは、同世代感という事なんだろうな。

映画にしろ小説にしろ音楽にしろ、リアルタイムで、似たよなものを似たような気持ちで観たり聴いたり読んだりしてきた人達が、近頃表舞台で活躍しているようで、それは素直に嬉しいし、応援していきたいと思います。
[PR]
by nishi_y | 2005-08-27 23:22 | BOOK

夏の思ひ出 その3

c0052892_23282663.jpgc0052892_23285633.jpgc0052892_23372995.jpg
[PR]
by nishi_y | 2005-08-22 23:31 | 那須

夏の思ひ出 その2

c0052892_23251726.jpgc0052892_23253784.jpgc0052892_23263144.jpg
[PR]
by nishi_y | 2005-08-22 23:27 | 那須

夏の思ひ出 その1

c0052892_2320218.jpgc0052892_23204774.jpgc0052892_23211549.jpg
[PR]
by nishi_y | 2005-08-22 23:21 | 那須

のんべえバトン

louise louis さんにカンパイされました。

【1】今、冷蔵庫に入っているお酒の容量は?
0本。今は入っていないす。

【2】好きな銘柄は?
本当はスーパードライが好きだけど高いからドラフトワンもしくはキリン端麗。

【3】最近最後に飲んだ店は?
那須高原ビール(で連れのビールを一口だけ)。確かイングリッシュエールか何か。

【4】よく飲む、もしくは思い入れのある5杯
ドラフトワン(よく飲む)
キリン端麗(よく飲む)
氷結果汁(よく飲む)
呉春(よく飲む)
名前忘れたけど昔飲んだバーボン(過去一番酔った)

【5】ジョッキを渡す5人 ・・・
ネギさん
daisuke君
他にも酒好きは是非!ああビール飲みたくなってきた。。。
[PR]
by nishi_y | 2005-08-21 21:36

帰省05 6日目

さて、もはやモブログジャンキーと化してしまっているような気がする今日この頃です。実際のところ結構ノリノリだったりします。

6日目の今日は1日中曇り空。しかし朝から相変わらずテンションは高い。夏休み中の小学生なみに高い。色々と雑用を済ませ、いざ那須へ。

また那須かよ!って感じですが、いやしかし、ここはホント1週間やそこらじゃ回りきれないナイススポット多数。まだまだ行きたい場所がある。

今日は何の計画もなく、とりあえず気になる場所へとその場の思いつきで移動。
まずは腹ごしらえだ。という事で、k_hikoさんに教えたもらった「こと葉」にも行きたかったのですが、どうも場所をおぼろげにしか覚えていなかった為、予定変更。隠れ家的ナイスカフェ「夢屋」へ。

隠れ家的であることが一種の売り文句となってしまい、結果的に全然隠れ家ではなくなってしまっているカフェ多数なような気がする今日この頃、この夢屋は、ほんとうに隠れ家的佇まいを大切にしつつ今でもひっそりと営業している、そんな貴重なお店のような気がする。

c0052892_21432956.jpgc0052892_21433525.jpg







ここでインド風夏野菜のカレーとカフェオレを注文。無農薬有機栽培野菜がてんこ盛り。こうゆうのを総称して「スローフード」と呼ぶらしい。
自然のありがたさを噛み締めつつ、友人・知人と会話を楽しみながらゆっくりと味わってくださいな、という話らしい。そんな事言われると、逆に全然落ち着かない(笑)。ソワソワしつつも野菜の美味しさを堪能。そして逃げるように退散(笑)。大阪の食文化を日常的に経験していると、やっぱりそんなの、どうしてもギクシャクしてしまう。もちろん味は良かったです。

で、次に向かった先はまたもや那須高原ビール。今日は屋内のレストランで軽く食事も。もちろん僕はドライバーなので水です。念の為。

c0052892_22165638.jpg今日もまた懲りずに持ち帰り用ビールをどっさり買い込み、河川敷公園へ。
見渡す限りの芝生。川のせせらぎ。そして、ビール。ようやくありつけた我がビール。これクセになる。最高。これで空が晴れていたら文句なしだったのだけど、まあ贅沢は言っていられません。

のんびりしてるうちに雷が鳴り始めたので、明日の花火大会の準備風景などを横目で眺めつつも、撤収。

そうそう、明日土曜日は花火大会、そして明後日の日曜日は昼から夕方にかけて野外JAZZフェスティバル(!)、と今後もイベント満載の那珂川河川敷。僕は明日大阪へ帰る予定なのでどちらにも行けないのですが、いやしかし、那珂川最高です。愛してます那珂川。


c0052892_22291093.jpg帰りに黒磯のカフェ「グラン・ボア」で一息。ここも大好きなカフェ。こうやって写真で見ると凄いなここ。

大正時代に銀行だった建物を改築した見事な佇まい。店内には大正時代からそのまま時を刻み続けている古時計。客はおそらくほとんどが地元の人達。アダルト率高め。BGMはゆったりとしたボーカル・ジャズ。そういえばジャズ・ミュージシャンっぽい人もチラホラと見かけました。今日の〆はここ。


帰りすがら10年ぶりとなる友人との再会なんかもありつつ、帰路へ。

そんなこんなで久しぶりに那須で過ごした夏休みも今日で終わり。
たしかに、帰ってくるべき田舎があるって事は、結構嬉しいことなのかもな。やんわりとそんな気がした6日間でした。また来年も帰ってこよう。
[PR]
by nishi_y | 2005-08-19 21:16 | 那須

帰省05 5日目午後

で、昨日は犬の散歩の記事で終わってしまいましたが、実はその後またもや黒磯へ。

「なかよし」という、シュールレアリズムの極地をいくナイスなネーミングのラーメン屋にて腹ごしらえ。味は超オーソドックスな醤油味。昔なつかしの中華ソバです。25年間、味は変わっていないとの事。もちろん美味い。もうほんと最近、黒磯~那須方面にマズい店なんてないんじゃないのか?ってくらい食方面は充実してます。

そしてそのまま、またもや那須高原へ。どうやら高原が俺達を呼んでいるようだ。

今日の目的地その1は、全国レベルで有名なパン屋「ペニーレイン」。TVチャンピオンでも優勝経験のある超有名店。ココはほんともうずーっと前から行きたかったのですが、場所が全然分からず涙を呑んでいました。今日は無事にタウン誌にて地図をゲット。

険しいカーブの続く山道を延々登り続け、ようやくたどり着いた先にはアビーロードを模した例の看板。

c0052892_17264993.jpgc0052892_17285768.jpgc0052892_1729856.jpg








アビーロードに車が突っ込んでいる(笑)。これ本物の車でした。地面にはちゃんと横断歩道があります。これに沿って店内に入っていくという粋な演出。いいね。
中央の写真は素敵すぎるイートインスペース。森の中で光を浴びながら食べるパン。入り口左側には有名なジョンのデッサン。
右の写真はブルーベリーパン。美味いっていうより、凄い。生地の弾力が他とは全然違う。
この店はハード系パンがあまり置いてなくて最初はちょっとガッカリしたのだけど、多分それはこの生地ありきの事なんでしょう。納得。表面の焼き面と中のシットリさ加減のバランスが絶妙。この生地まじで凄い。生地だけ売りつけてほしいぐらい。

那須塩原には他にも「シュレンバウム」っていういいパン屋があるんだけど(実はそこで修行していた時期もある)、甲乙付け難いほど美味いです。

お土産パンもばっちり買い込み、今日2つ目の目的地、黒磯の最北部にある那珂川の源流、深山(みやま)ダムへ。

延々(延々という言葉はこうゆう時に使うものなのだと思える程、延々)と狭く険しい山道をひたすら登る。低スペック・エンジン搭載の我が実家カーではそろそろ限界なのでは?と思い始めた頃、急に視界が開け、目的の深山ダムへ。

c0052892_1125780.jpg


これはホント凄かった。この写真では全然その凄さが伝わらないのが残念なところですが、あまりにもデカい自然を目の当たりにすると、感動を通り越して怖くなる。最初にダムとその周りを取り囲む雄大な山々を見たとき、足がすくんだ。なんかクラッときた。

「なんか凄い」「なんか怖い」をそれぞれ10回ずつぐらい連呼し、訳の分からない感動を覚えつつ、帰路へ。

(6日目へ続きます)
[PR]
by nishi_y | 2005-08-18 17:24 | 那須

帰省05 5日目朝その2

最近は、近寄るだけで「散歩に連れて行け!」と目線で訴えかけてくるようになった。そんな目で見ないでください。。。

c0052892_17353890.jpgc0052892_1735467.jpg
[PR]
by nishi_y | 2005-08-18 17:08 | 那須

帰省05 5日目朝

今日は朝から曇り空。Tシャツじゃちょっと肌寒いくらい。

8時ごろにモッソリと起きてきてそのまま顔も洗わずに、誰にも何にも邪魔される事なくリビングのソファーに寝転がって本を読んだりコーヒーを飲んだり音楽を聴いたり。ああ、この感じ懐かしいな。
あわただしい大阪の町じゃ後ろめたく感じてしまうようなユルみきった時間の過ごし方。そんなのが贅沢に感じてしまうのは多分おいしい空気と見渡すかぎりの田園のおかげ。

ジョルジ・ベン 「アフリカ・ブラジル」
三崎亜紀 「となり町戦争」


c0052892_1015556.jpgc0052892_10211260.jpg








さて、今日もダラダラしに高原まで行ってこようかな。
[PR]
by nishi_y | 2005-08-18 10:13 | 那須

帰省05 4日目

帰省4日目。もはや曜日感覚なし。こうやって日記をつけてないと昨日何をやったかさえ覚えていない自信あります。

毎朝の散歩の効果か犬にもすっかりなつかれ、今や立場逆転気味。明日こそはガツーンとお仕置きしてやろう。トラウマになるくらいのきつーいやつ。犬なのにトラウマになるような。

c0052892_21592959.jpg今日もまた黒磯~那須方面へ。腹ごしらえにまず向かったのはまたもやMATILDE。フード類も激ウマ。明日も行こう。そうとう気に入ってます。
で、腹も落ち着き向かった先が←ココ。
地ビール醸造所兼レストランである那須高原ビール。ここはワールドビアカップ3大会連続受賞、ドイツ、アメリカ、日本で金賞を受賞、おまけに皇邸ご用達でもある、ものすごく由緒正しきビア製造所。 ここでビール数本を買い込み、栃木県が誇る清水河川、那珂川へ。


壮大な自然とはまさにこの事で、真っ青に澄んだ那珂川をはさんだ向こう側にそびえ立つのは那須高原の原生林。絶景って感じです。
c0052892_222048.jpg
そこの川辺に足先を浸しつつ、先ほど買い込んだ高級ビールをグビグビとやる。アユの塩焼きなんかも食べながら。うーん、なんというか、贅沢。このうえなく、贅沢。考えうる限り、もっとも美味くビールを飲むシチュエーションのような気がします。
で、そこでいろいろハプニングがあったのですが、本人見てるし、ここで書くのはあえて自粛しておきます。もうほんと腹が痛くなるほど笑えた。


c0052892_22115738.jpg積極的になにもやらないでいる事で得られる充実感。スローライフって言葉が流行っているけど、つまりはこうゆう事なのかな。いいかもね。アリだと思う。生き方として。それはそれで。

だから今日は一日中、TFCの "AIN'T THAT ENOUGH" が脳内で延々とリピートしていました。

(明日へ続く)
[PR]
by nishi_y | 2005-08-17 21:32 | 那須