ブログトップ

Rock n' Roll Diet

deitof.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 80 )

仕事の事

転職して4ヶ月経つのですが、毎日がアホみたいに忙しい。
もうちょっとその、新人扱い?してくれよと思う。

気付いたら1ヶ月が過ぎていき、
そして多分気付いたら1年が過ぎていくのだと思う。

しかし、もうかれこれ10年ぐらい会社員をやっているけど、
色々知ることや新たに経験する事も多い。
毎日のように知らない人が現れ、そして仕事を置いて去っていく。
僕自身も今やっているのが誰の為の仕事なのか忘れていたりする。
大変と言えば大変なのかもしれない。

だた、周りの同僚や先輩がとてもいい人たちで
最初の頃なんかはなんでこんなにフレンドリーなんだこいつら!
と若干怪しいんでいたフシもあったのですが
いろいろ聞いていると皆この会社が好きみたいで
そう言われてみれば皆イキイキと働いているような気がする。

僕自身この会社の事は結構気に入っているし、仕事自体もそこそこ責任のある部分を
任されている。偉い人が偉そうにしていないところもいい。
そして何より、この年になってチームで仕事をするという事がどうゆう事なのか、
初めて分かったような気がする。

ベストかどうかは分からないけど、なかなかの選択をできたのでは
と密かに思っている。

だからといって仕事が好きなわけじゃない。
どっちかっていうと大嫌いだ。

最終的に行き着くところはベガスで豪遊だと思っている。
合言葉は「偶然手にした巨万の富」である。

主婦の視点で大発明、の線もアリかなと最近は思う。
[PR]
by nishi_y | 2008-04-14 16:28

週末

土曜日に久しぶりに東京から学生時代の後輩が遊びにきました。
先輩の結婚式2次会に出席するためにはるばるです。

姫路(会場)なんて大阪からすぐだよと思ってたのですが、
もっそい遠かったです。
だから相当バタバタしました。

結婚した先輩(Yさんです)は本当にお世話になった人なのですが
なんというか、とても立派な人になっていました。
普段から周りの人達から慕われ、尊敬されているのが
良くわかりました。
夫婦ともに幸せそうでずっと笑顔で(そして涙で)、こっちまで嬉しくなります。
どうぞ末永くお幸せに!

そう言えば一応スピーチのような事もやりましたが
ただの酔っ払いの挨拶のような感じになっていたと思います。
まあ周りの人達もそんな感じだったので、いいと思います。

日曜は大阪の町を案内して、これも結構バタバタでした。
またゆっくりと時間がある時に遊びに来るように。

なかなか会えない皆さんの近況なんかも色々聞いて
久々に集まって飲みたいなーと思っているので
夏頃にでも遊びに行こうと思います。

c0052892_0344269.jpg

[PR]
by nishi_y | 2008-03-31 00:29

NIKE

何故か数年おきにおとずれる自分内ナイキブーム。
今はこの2足を履いています。

右のやつなんかは、無駄にスポーティーで特に気に入っています。
これを履くと、雰囲気的に「ちょっと走ってきた」みたいな感じが出ます。
ストップウォッチ片手に現れたい感じです。笛をくわえて現れたい感じです。
c0052892_22222238.jpgc0052892_22223337.jpg
[PR]
by nishi_y | 2008-01-01 22:20

小学生とは

近所の小学生がウチの会社に社会見学に来ました。
ここ数年はこれが恒例行事になっていて、実は対応マニュアルだってあります。

来るのは決まって小学3年生で、当然、騒ぎまくるわけです。
仕事になんてなりません。全然なりません。

自分も社内案内役の一人として付き添っているわけなのですが、小学生の話をよーく聞いていると、結構驚く。

「個人情報漏洩」

とか

「テポドン」

とか、そんな単語が普通に出てくるんです。
質疑応答コーナーの時に、そんな単語を、的確な意味とタイミングで挟み込みながら、色々と質問してくるんです。

それが良いか悪いかは別にして、とにかく、なんか凄いと思った。

インターネットやるって言ってる子いたし、携帯とか普通に持ってるっぽいし、デジカメ持ってきてる子もいた。

自分が小学生の頃って何やってただろ、とかって思い出してみると、川でフナ捕まえたり、毎週月曜の少年ジャンプを楽しみにしていたり、打席でクロマティーの真似したり、ドラクエの謎解きしたり、とにかく、そんな事に夢中になっていたような気がして、とゆうか、そんな事しかやる事なかったよね?

どちらが良いって話ではなくて、なんとゆうか、時代は変わったなぁ~と、心底思いました。
感慨深いものがあった。

でもやっぱり、中には全然ゆうこと聞かないジャイアン風のヤツもいたりして、ちょっとホッとしたりして。
で、そんな子に限って、人懐っこく手繋いできたり、「こんな会社で働けるなんて羨ましいなあ」ってポツリと言ってきたりしやがって、ちょっとウルっときた。

お、おじさん、明日からも、頑張るよ。。。
[PR]
by nishi_y | 2006-10-17 23:26

もろもろ

帰ってテレビつけたら、キンスマで高木美保が那須の魅力を語っていた。
那須での暮らしは、精神的に自分自身に戻れる、みたいな話。

那珂川がちょっと写って、嬉しかった。
テレビで見てもやっぱり奇麗な川だと思った。

関係ないけど、ハウンドドッグがボーカリストを199人募集しているらしい。

なかなか、いい話です。ロックバンドのテキトーさが凝縮されたような話。
これは、チャンスだ。こんなテキトーな話に、乗らない手はないぞ。
[PR]
by nishi_y | 2006-09-08 23:10

スピッツについて

実家には何故かスピッツのアルバムが全部コンプリートされています。

だから、いたる所にスピッツのCDがあるわけで(車の後部座席にスピッツ、リビングにスピッツ、母親の鼻歌もスピッツ)、そうなってくると、必然的にスピッツの曲を日常的に耳にする事になります。ちょっとしたスピッツ博士です。

c0052892_23593338.jpg今日は「スーベニア」ってアルバムをずっと聴いてました。
ベテランならではの意地やガッツを感じさせるような、とても力強いアルバムです。
感動してしまった、と言ってしまってもいいかもしれません。

そんな時に、たまたま読んだ雑誌に載ってた甲本ヒロトの古いインタビュー記事。
細かい部分までは覚えていないけど、たしかこんな話。

「ロックンロールとは、決してハングリーな音楽などではなく、本当に腹が減っているのならば、音楽なんてやらないよ。食うに困らないお金持ちの人達が暇つぶしに向けた無駄なエネルギーの蓄積こそが、ロックンロールなんだ。」

なるほどなー、などと深く感じ入ったのでありました。
スピッツはロックだ。スピッツこそがロックの王様だ。
[PR]
by nishi_y | 2006-05-06 00:01

マザー

マザー3がいよいよ発売かあ。

上のリンク先で今回のテーマ曲(新曲)が聴けるんだけど、そうそう、こんなだったよなマザーのあの感じ。ワクワクするんだけど切なくって。永遠に終わらない14歳の夏休み、って感じの。そんな思いが一瞬にしてよみがえった。

ここ何年もゲームなんてやっていないけど、こればっかりはどうしてもプレイしたい。もうなんかウズウズする。マザー1のラストで流れるあの曲なんて未だに覚えてるもんな。

c0052892_0272693.gifc0052892_0273814.gif








しかしニンテンドーDSとかゲームボーイアドバンスとか、もう全然分かんない。何で画面が上下に分かれてるんだアレ。ついて行けない昨今のゲーム事情。5000円くらいで買えるもんだと思ってたけど、結構するのね最近のハードって。。。
そんなX-68000世代です(イース世代とも言う)。

そういやセガのメガドライブ5000円って今考えてみると破格だったな。ソフトの方が高かったし。

-------------------------------------------

きのうは いえに かえった

◆ママ「すきなもの つくるわね なにがいい?」
◆パパ「そうか げんきで やってるのか  …」

あしたは また たたかいだ
もどらなくちゃ いけない

◆ママ「そう もう かえっちゃうの?
もういちにち いなさいよ」

◆ゆうはんの おかずの おべんとうを もらった!




◆ないてないぞ。
◆あめが ふったんだ かさを わすれた だけだ

(ミクシにあった。この場面覚えてる。)
[PR]
by nishi_y | 2006-04-19 23:58

オーマイゴッド!

金曜日。
電車に乗り遅れそうだったので、普段は駅まで徒歩だけど、この日は自転車でダッシュ。
で、金曜は会社の花見で、しかも3次会まで出るハメになり泥酔気味で帰宅。当然、自転車の事なんて忘れる。

翌日土曜日。
これってもしや2日酔いってやつ?ズキズキ疼く頭。
そういえば花見でたらふくビール飲んで、2次会で水割り飲んで、3次会で日本酒飲んだ。

昼頃、自転車の事を思い出しフラフラになりながらも駅まで出向き、昨日停めてた場所に行ってみる。確かに停めていたはずの自転車がない。いくら探しても、ない。
なにげなく壁を見ると「自転車撤収勧告」の赤紙が。。。


c0052892_031096.jpgそのまま岸辺駅までの切符買って保管所へ引き取りに行ったら3000円取られた。
で、素直にお金払って領収書をもらったんだけど、その領収書を見た瞬間、昨日3次会の時、タクシー代の領収書をもらい忘れてた事に気付く。多分それも3000円くらい。

英語圏の人達は、こうゆう時に使うんだろうなあ。
オーマイゴッド!って。
オーマイゴッド!がこれほどシックリくる局面って、この先そうは無いような気がするな。

なんて事をズキズキ痛む頭で、かすかに思った。
[PR]
by nishi_y | 2006-04-01 23:58

手打ちうどん

うどんを打ってみました。
作り方はこんな感じ。

→ボールに入れた中力粉に塩水を打ち水し(どうやらこの塩水の濃度によりうどんの風味とコシが違ってくるらしい)、その後ただひたすらこね回し、耳たぶほどの硬さになったあたりで一度ボールから取り出す。

→で、その生地をビニール袋に入れ、上からグリグリと踏み倒す。全体重をかけて、とにかく踏む。この作業がなかなか楽しくて10分ぐらい踏み続けてました。今、自分はうどんを作っているのだ、といった実感が湧いてきてテンション上がります。

→その後、常温で日の当たらない場所で4時間ほど自然発酵。

→ほんの少し生地に弾力が出てきたあたりで麺棒を使って生地を均等の厚さに伸ばし、包丁で切っていきます。ウチの包丁はものすごく切れ味が悪いので、この「切り」の作業にかなり手間取りました。

調理の仕方は迷った結果、鍋で煮込む事に。

まず、昨日の鍋会で余った具材と某君特製のトリガラスープで水炊き鍋。皆さん、ありがとうございます。凄く助かります。中身は水菜・ネギ・白菜・糸コンニャク・鳥肉です。
c0052892_2253978.jpg

で、これをペロリと完食後、いい感じでダシが煮詰まったところにうどんを投入。
ちなみにうどんは別の鍋に湯を張って、あらかじめ10分程ゆがいておいたものです。

c0052892_225444.jpgc0052892_22542151.jpg









こんな感じ。
感想から言ってしまうと、美味いです。ちょっと感動した。ちゃんとコシがあったし、冷凍うどんには無いほのかな風味がなんとも言えず美味いです。麺が太すぎるかなとか思ったけど、食べてみたらちょうどいい感じでした。1本の長さが凄く短いのが次回以降の課題点かも。
でもやっぱ、結局は自分で打ったうどんなので、その辺のプロセス込みで、こう、美味いって思える感じなのかな。食べ終わった時に妙な達成感を覚えた(笑)。
[PR]
by nishi_y | 2006-01-22 22:53

でかッ!

c0052892_16374219.jpg
今日は土曜日なのに出勤です。
ペン貸してと言ったらこれを渡され新年早々大ウケです。
今年も宜しくお願いします。
[PR]
by nishi_y | 2006-01-07 16:37