ブログトップ

Rock n' Roll Diet

deitof.exblog.jp

フー!!!!

それまで持っていたフー観(?)を
根底からくつがえされた数年前のウドーフェス。
そう、忘れもしない、ウェラー兄ィが小粒に見えてしまうほど
フーのステージは圧倒的だった。

しかし今回は違うのだ。こっちだってそれなりに心構えができているのだ。
「トミー」だって「Live at Leeds」だって、「四重人格」だって聴きこんでいる。
負けねーぞ、って感じである。今回は負けねーぞ、って感じである。

でも駄目だった。もう、ぜんぜん負け。降参!って感じ。
謝るしかない。おっさんごめん!と言うしかない。

1曲目 "I can't explain" で繰り出された最初の風車奏法で
ガチーン!と打ち抜かれた。ああ、やっぱすげえ、と。

c0052892_1193536.jpg


(これである。最新鋭のカメラでも撮らえきれない右手のブレに注目である。)

そう、これはもう理屈なんかではないのである。
ピート・タウンゼントが風車のように腕を回し続ける限り、
ロックンロールは自分自身の遠心力でもってそのバカバカしさを加速度的に
増し続けるのである。

セット的にはモッズ時代の曲はあんまりなく、始終ハードロッキンな構成。
普段CDで聴くよりか100倍はかっこ良い(ザックのドラムは無敵)。
シンセ時代のフーも捨てたもんじゃありません。
割と最近の曲 "Real good looking boy" が最高に良かったなぁ。
となりで見ていたリュート・タウンゼント氏ともおおいに共感。

まあロジャーもピートもまだまだ元気そうだったので
あと数回は見れるかなと。
次こそは負けねーぞ!

c0052892_1211790.jpg





1 I Can't Explain
2 The Seeker
3 Relay
4 Fragments
5 Who Are You
6 Behind Blue Eyes
7 Real Good Looking Boy
8 Sister Disco
9 Baba O'reily
10 Eminence Front
11 5:15
12 Love Reign Over Me
13 Won't Get Fooled Again
14 My Generation

<アンコール>
15 トミー・メドレー(Pinball Wizard,Amazing Journey,Sparks,See Me Feel Me)
16 Tea & Theatre
[PR]
by nishi_y | 2008-11-15 01:39 | MUSIC
<< メメント・モリ リセットボタンを押せ! >>