ブログトップ

Rock n' Roll Diet

deitof.exblog.jp

ブログ引っ越します

お手数ですがブックマーク変更等お願い致します。

こちらです。
[PR]
# by nishi_y | 2009-12-17 23:52

7+3

最近髪型がガリガリガリクソンに少し似てきた
ウェラー兄ィの新曲にはケヴィン・シールズが参加。
ダビーで相当かっこいい。

ポール・ウェラー / 10番はエースの証(意訳)

c0052892_19564282.jpg


正式曲名は "7&3 Is The Strikers Name"
来春発売のアルバムに収録予定との事なので
2010年とワールドカップにちなんでいるのでしょうか。

発売はオフィシャルのオンラインと7" のみの模様。
がんばってどうにかしよう。

you tube
[PR]
# by nishi_y | 2009-12-08 20:14 | MUSIC

欲しい…

c0052892_23231420.jpg

[PR]
# by nishi_y | 2009-12-03 23:25

Jazzへの関心 / ツイッター

ここ数年のJazzに対する関心の変化。
ハードバップ万歳、アドリブ吹いてなんぼやねん、といったような
心持ちではだんだん無くなってきている。

きっかけは Build an ark というユニットから教わった "Spilitual Jazz" というターム
だったわけだけだけど、そこにはモダール時代のコルトレーンやBlack Jazz レーベル、
Madlib や Calm も実は含まれていたりもする。

そんな中で、80年代のファラオ・サンダースを発見した事は
僕の個人的音楽アーカイヴが、まるっきり初期化されてしまうような衝撃があって
それは最終的に宝物のようなこのアルバムに行き着くような気がします。

c0052892_23192213.jpg

これをJazzと呼んでしまっていいのかどうかは良くわからないけども、
ただひとつ言えるのは、これまで聴いてきたどの音楽ともその響き方が違っていて
それは家にあるロックやポップスのレコードがいちいち子供だましに思えて
全否定されてゴミ箱行きになりかねない程の奇跡的な美しさと
パワーを持っていたって事だ。
ほんまもんの音楽は時空軸を飛び越える。余裕で。

混沌としたこんな世の中だからこそ
真に崇高で慈愛に満ちたファラオの音楽をいつまでも心にとどめておこうと
そんな風に思う、土曜ワイド劇場後。

そういえばツイッターやってますのでフォローとかよろしく。
[PR]
# by nishi_y | 2009-11-21 23:22 | MUSIC

ファンキー・ミュージック

c0052892_23285481.jpgうわーこれやばいでしょう。
かっこ良すぎでしょう。

何となく気になっていた
ベイカー・ブラザーズの3rd。08年作。

今、僕くらいの年齢でソウルやファンクが好きな人は
総じてポール・ウェラー経由もしくはフリーソウル・ジェネレーションであると
勝手に踏んでいるのだけど、そんな僕達がいつまでも求め続けてきた
クール&ファンクネスの理想郷を身を持って体現してくれたこいつらは偉い。
きっと同世代に違いない。

ノーザンな "Soul shine" が。とにかく。


[PR]
# by nishi_y | 2009-11-09 23:29 | MUSIC

totally pop

告知になります。

今週土曜日(というか明日)の夕方(17時--22時)です! 
以前も御報せさせて頂いた、一年に一回こっきりのイベント[Totally Pop!]。 
2003年から毎年一回開催していまして、これが7回目になります。

c0052892_1850591.jpgc0052892_18502126.jpg

More
[PR]
# by nishi_y | 2009-10-30 18:51

In this world

ツタヤが安いので(連休続きで金がないので)。
週末はウィンターボトム週間。そういやこれ観ていなかった。

イン・ディス・ワールド [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



この人の作品の多くは、
遠い世界のネガティブな側面だけのみを提示しているように見えるけど、
でもそれって今僕たちが住んでいる半径3メートル以内の世界でだって
実は切実な問題なんだよ、ってところまで視点がズームアップしてくるんだ。
それは言わなくったっていいだろう、的なところまで。
ほっといてくれよ、的なところまで。
だから観ていてちょっと痛い。平日に観るのは無理な感じの。

このDVDを観て特に思った事は、
大きな川に放り出された個人はなすすべもなくその強い流れに押し流される。
そんな、世界の混沌と個人の混沌との間に横たわる関係性。のようなもの。

この少年は命を懸けてパキスタンからロンドンへ旅立ったわけだけど、
ロンドンにもやっぱり希望は無かった。
それは距離的な逃避で解決できる問題じゃ決してなく、本質はもっと別にあるんだぞ。
っていう真理。しかも主人公が少年、っていう残酷さ。

すっごい地味だし、ひとかけらの救いもない映画だけど。
ウィンターボトムらしさ、という意味では個人的に凄く好きです。
[PR]
# by nishi_y | 2009-10-03 22:55 | MOVIE

詩仙堂へ / カラオケ

というか、シルバーウィークはこれから毎年あるものだと思っていたのは
僕だけでしょうか・・・

連休の残り香をひきずってるのか、どっか行きたい願望強めなこの頃。

お彼岸でちょうど関西に来ていた両親を誘い、詩仙堂へ行く。
庭を見つめ、日ごろの煩悩を洗い流す。


c0052892_12404752.jpg

やっぱたまには京都いかなきゃ。
あらためてそう思いました。

帰りに寄った一乗寺にある有名な和菓子屋「中谷」の店主の息子夫婦が、
現在うちの実家の2件隣りに住んでいる、という分けの分からない偶然。

------------------------------------------------------

昨日は同僚とカラオケに。数年ぶりだカラオケなんて。
8人で得点を争い下位4人が勘定を持つ、というルール設定のもと
本気で歌ったのでノドが痛い。

リモコンの操作法がまったく分からない。
というか、片耳塞ぎながら電話でドリンク頼むあの制度は
もう過去の遺産となっているようで、
曲を選んだその指でドリンクを頼めるリモコン機能にビビる。
なんだこの進化は。
(昔はトレーラーハウスの中にカラオケがあったんだぞ)

キョンキョン、ブルーハーツ、スピッツ。
そんなトレーラーハウス時代と変わらない僕の歌謡曲事情。
もちろん勘定持ち組に。
[PR]
# by nishi_y | 2009-09-26 13:23

読書録

c0052892_2232307.jpgc0052892_2232488.jpgc0052892_22331220.jpg







◆ジョージ・オーウェル / 「一九八四年」
言わずと知れた1Q84のインスピ元。面白い。
トム・ヨークが愛読書として挙げてるのも良くわかる。
なんとなく「未来世紀ブラジル」を思い出す。

「ビッグブラザーに気をつけろ!」

◆平野啓一郎 / 「DAWN」
最近ちょっと話題の作家さん。火星有人飛行の政治的背景にまつわるエトセトラ。
フィクションだとは思えないその構成と細部の描写。

◆IFRS
これの導入により日本中の財務/経理担当はまた一つ胃に穴を明ける事でしょう。
ビッグバン、四半期、内部統制に引き続きこれですよ。
給料上げて欲しいです(魂の叫び)。
[PR]
# by nishi_y | 2009-09-23 22:52 | BOOK

広島

シルバーウィークということで
中学校の修学旅行以来に広島へ行く。

尾道、福山、広島市。
初日に行った尾道の坂歩きが結構キツくて、
メインの厳島神社は結局キャンセルに。
寄る年波には何とやら。リベンジするぞ。

尾道ラーメン。広島焼き。あなご飯。
ああ、カキ食べてないや(涙)・・・

あなご飯美味かったなぁ。
広島焼きに関しては、大阪人として意見したい箇所多々ありだけど、
あんまり期待してなかった尾道ラーメンは予想外の美味さだった。

c0052892_723192.jpg


広島城も平和公園も、本当にいい場所だった。
子供の頃に学校で行ったような場所は、当時その良さが全然分からなかったけど
大人になった今行くと、本当にいい。

だから清水寺とか伊勢神宮とか東京タワーとか、今すっごい行ってみたい。

広島市内もきれいな町だったなぁ。
路面電車にも乗って町並観光。

宮島も縮景園も行けなかったのでもう一回くらい行きたいぞ、広島。
[PR]
# by nishi_y | 2009-09-22 07:29